お問い合わせはこちら
chatworkfacebooktwitter
三吉孝治公認会計士・税理士事務所
お問い合わせはこちら
chatworkfacebooktwitter
三吉孝治公認会計士・税理士事務所

【確定申告対策】freee・MFクラウドの記帳状況が不安な方、お直しします!

迷路脱出

◆こんな悩みや不安はありませんか?

freeeやMFクラウドを導入したが、帳簿残高と実際の残高(預金通帳など)が不一致…。
freeeやMFクラウドを導入したが、記帳が終わっていない。
自計化しているものの、不安なので、確定申告前に専門家に記帳状況をチェックしてもらいたい。
freeeやMFクラウドを導入したが、使い方がよくわからない、忘れてしまった。

◆お任せください!修正・お直し致します。

▶︎迷路に入り込んでしまったfreeeやMFクラウドの帳簿を正しく修正し、確定申告まで導きます。

今年の確定申告をできる状態にするだけでなく、来年の確定申告は安心してできるような体制までもっていきます。

▶︎正しく記帳し、確定申告に備えます。

本業が忙しくて、記帳作業をため込んでしまい、確定申告までに記帳が終わりそうにない方など、記帳代行します。

▶︎記帳が正しく行われているか、チェックします

freeeやMFクラウドは、カンタンといわれますが、会計を本業とされない事業者様にとっては、案外難しいです。安心して確定申告ができるよう、記帳状況をチェックします。

▶︎使い方などfreee、MFクラウドの運用方法をレクチャーします。

遠方のお客様でもskype、Zoomで画面共有しながらレクチャーします。

よくあるパターン…

「預金の残高と一致しません。」というのはよくある話ですが、今までで一番ひどかったのは、「売上のダブル計上」です。税理士事務所が顧問として関与しているケースでも見ました(スタッフに丸投げなのか、大丈夫ですかね)。

商品・サービスを販売して、請求書を発行するケースでは、下記のように会計処理をすると売上のダブル計上となってしまします。

本来は、代金回収時に売掛金の消込をしなければなりません。

このように売上かダブルで計上されてしまうと、「売上、あがってやったー!」ではなく、課税所得が大きく計上されてしまうので、税額が大きくなります。しかも、キャッシュ・インがない売上ですから、計算された税額を支払うためのお金がありません。

ひどい場合で売上が1,000万円ダブルで計上されているケースがありました。しかし、そういう人に限って、「経理は何もお金を生まない。」、「入力するだけにお金を払いたくないから、(できないにもかかわらず)自分でやる。」と言われます。

まぁ、人によるとは思いますが、専門家に任せてやってもらうのと、自分でするのと、どっちがいいんですかね?

◆料金

残高不一致修正

それぞれ状況が異なりますので、見積りでの対応となります。見積りは無料です。

記帳代行

月8,000円~×月数(月単価は仕訳数に応じて変動)

記帳チェック

月3,000~×月数(月単価は仕訳数に応じて変動)

使い方レクチャー

3,000円/1h

※料金はすべて税抜となっています。

◆確定申告丸投げプラン

また、確定申告丸投げプランのご用意もしておりますので、お早めにご相談ください。