お問い合わせはこちら
chatworkfacebooktwitter
三吉孝治公認会計士・税理士事務所
お問い合わせはこちら
chatworkfacebooktwitter
三吉孝治公認会計士・税理士事務所
CLOUD SUPPORT
(悩み1)本業に割く時間を増やしたい
(悩み2)会計ソフトを乗り換えたい
(悩み3)クラウド会計ソフトを導入したが使い方がよくわからない

弊事務所では、クラウド会計の導入サポートをしています。すでに顧問税理士がいらっしゃるお客様でもクラウド会計導入支援のみでの対応もしております。
システムが変われば、経理業務のオペレーションも変わるので、経理業務のオペレーションも含めてサポートいたします。また、給与計算、マイナンバー、POSレジ(Airレジ、Square等)のクラウドサービスとの連携にも対応できます。

所有から利用の時代へ

 総務省の平成27年度情報通信白書を見ますと、各年代別インターネット利用状況は、10代〜50代までが90%以上の利用率、60代で75.2%の利用率と、インターネットの利用は全年代的に浸透している状況です。そのような状況のもと、ICTの利活用が進展し、クラウドサービスの利用もここ4〜5年の間に急速に進んでいます。2014年のデータでは実に半数以上の企業がクラウドサービスを利用している、または、今後利用する予定となっています。

 人手不足で悩む地方の中小企業であっても、業務にクラウドサービスを利用すれば、リーズナブルな価格で大企業と同じ高い技術を利用でき、人材不足の解消や生産性の向上が期待できます。

 会計・税務・経理においても、電卓片手に紙の伝票を手書きで起票して、それを会計ソフトにカタカタと入力する業務から、一度電子化されたデータを自動で会計ソフトに取り込み、経理業務を自動化、効率化させる"クラウド会計ソフト"が浸透しつつあります。

先進的な会計ソフトでビジネスを前へ

 クラウド会計ソフトは、インターネットに接続していれば、いつでも、どこでも、スマートフォンでも、簡単に、正確に、かつ、スピーディーに経理業務ができます。また、リアルタイムに企業の経営状況を把握、分析することができます。

 弊事務所は、クラウドサービスを積極的に利用し、付加価値創出業務へのリソースの集中、生産性向上を目指す未来志向の企業様・個人事業主様を全力でサポートして参ります。

クラウド会計のメリットについて
①時間、場所、デバイスを問わない
インターネットに接続できる環境であれば、PC・スマホ・タブレットなどで使用可能な会計ソフトです。
Macでも使用できます。また、移動時間やスキマ時間にスマホで作業することができますし、オフィスから自宅に戻って、自宅のPCで作業することもできます。
②自動で経理処理。毎月の苦行からの解放
従来であれば、通帳、明細書( 紙ベースの資料) などから仕訳を入力していました。
しかし、クラウド会計では銀行データ、POSデータなどから仕訳に必要な日付、金額、相手先、明細情報などを自動で取得し、設定をしておけば自動で仕訳を作成してくれます。
毎月の苦行のような仕訳入力作業が大幅に削減でき、また入力ミスも防ぐことができます。
③会計ソフトが常に最新のバージョン
税法改正など制度改正による会計ソフトの買い替えや毎年のバージョンアップの買い替えの必要がありません。
④リアルタイムで迅速な意思決定が可能
記帳代行を依頼している場合では、資料のやり取りや代行先の作業により、数か月前の会計情報に基づいて意思決定をすることとなりました。
しかし、クラウド会計では最新の経営状態のもとで迅速な意思決定ができるようになります。
⑤料金もリーズナブル
freee(フリー)では、個人事業主様ですと月額980円〜、法人様ですと月額2,000円〜になります。
請求書の発行から月額この料金で経理業務をサポートしてもらえるのは、かなりお得だと思います。
クラウド会計についてのQ&A
Q.
セキュリティは大丈夫ですか?
A.
金融機関と同レベルのセキュリティ水準でユーザー様からお預かりするデータは暗号化して保存されており、厳重な管理運用をされています。
ご参考
  各クラウド会計ソフトのセキュリティについては下記の外部リンクをご参考ください。
Q.
個人事業主向けではないの?
A.
PCやインターネットは個人の生産性を向上してきましたが、クラウドは組織として生産性向上を実現させます。操作、閲覧権限などを設定することにより、組織として経理業務を効率化できます。
Q.
NPO法人を運営していますが、クラウド会計を導入できるでしょうか?
A.
freee(フリー)では、NPO法人専用のバージョンがリリースされています。また、MFクラウドでは、歯科医院専用のバージョンがリリースされています。今後も各業種に特化したバージョンがリリースされるものと思われます。
クラウド会計の利便性が様々な業種の方々に届けられると思います。
Q.
クラウド会計ソフトを導入しても「どのくらい効果があるか?」分かりません。
A.
弊事務所では、導入前に業務フローのヒアリング、仕訳データの分析を行い、クラウド会計ソフトを導入すべきかどうかを無料で診断いたします。お気軽にご相談ください。