お問い合わせはこちら
chatworkfacebooktwitter
三吉孝治公認会計士・税理士事務所
お問い合わせはこちら
chatworkfacebooktwitter
三吉孝治公認会計士・税理士事務所

クラウド会計で新しい経理代行(記帳代行)サービス-経理業務でお困りではありませんか?

仕事に疲れた女性

月額8,000円(税抜)~で面倒な経理業務からの解放

売上高 数千億円の会社での経理業務経験とクラウド会計、ITスキルをミックスさせて経理代行(記帳代行)サービスを行っています。
面倒な経理業務を月額8,000円(税抜)~で代行します。

➀本業が忙しくて経理業務まで手が回らない方
➁創業・起業したけど経理業務のことはよくわからない方
➂経理担当者が辞めてしまって、代わりが見つからない方
➃経理業務をアウトソースしてコストダウンを図りたい方

はお任せください!リーズナブルな料金であなたの経理部になります。
(100仕訳以上は@80円で対応します)

領収書や請求書をスキャンするか、または、スマホで撮影するだけ!

弊事務所では経理代行サービスを実施するうえで、スキャナまたはスマホを利用します。毎月、会計事務所に郵送もしくは会計事務所の職員に取りに来てもらっていた領収書や請求書をスキャンするか、または、スマホで撮影するだけでO.K.です。あとは、弊事務所で月次決算を行います。

スキャナをお持ちでない方で希望者の方にはスキャナをプレゼントします。

【キャンペーン】全員にスキャナをプレゼント‼︎

売掛金(債権)管理も実施

売掛金の回収が行われているか、回収漏れがないかを管理します。売掛金管理を実施した結果、大口取引先の売掛金に回収漏れがあった事例もあります。 記帳代行を請け負っている会計事務所でもあまりやっていないサービスです。

電子帳簿保存法-適正事務処理要件への対応

領収書や請求書といった国税関係書類を電子保存するための要件の1つに適正事務処理要件(内部統制の構築運用)があります。この要件を自社内で満たすためには、最低3名の担当者が必要です。しかし、小規模事業者においては、担当者の確保が難しいことから、税理士が内部統制の一部になることが特例で認められています。この特例に対応するためのサービスです。

参考:【電子帳簿保存法改正】 スマホで撮影した領収書でも電子保存できるようになります(当サイト内)

リアルタイムで経理の状況を閲覧できる

使用するクラウド会計ソフトにログインすれば、PC、スマホ、タブレットなどデバイスを問わず、「いつでも」「どこでも」経理状況を確認できます。

年度途中の乗り換えもO.K.

データさえいただければ会計ソフトの乗り換えもカンタンにできます。弊事務所で無料でさせていただきます。

その他

ご希望があれば、請求書発行業務、債権債務の消込業務や給与計算業務も承っております。

※使用する会計ソフト
クラウド会計ソフトfreeeを利用